Development

人材育成

集中研修を体験して
Report

2019年度入社
互助会営業・企画
高峰 唯

振り返って思うことは、「意欲・姿勢」が大切だということです。
研修初日から、「メモを取る」「気づく人になる」「挙手をする(参加をする)」ことを多くの先輩方から伺い、これらの行動はすべて自分自身の「学ぼう。吸収しよう」という気持ちや、「これはどういうことなのだろうか」という好奇心に関係していることだと理解できました。
重要だと思ったことはもちろん、ちょっとしたポイントや知識、周りの人の意見などをメモすることで、後から見返すと吸収することができます。
書くことでより集中して話を聞き、学ぶ姿勢に繋がっていくのだと思いました。

また、自分から挙手をすることは積極性のある人間になるためのチャンスであり、話をしていただいた方へのマナーであると知りました。
同期が発表をする中、私は挙手をせずに周りをうかがっていましたが、勇気を出して発言するようになりました。その結果、自分から何かを発信していくことに抵抗が無くなりました。
積極的に取り組む姿勢の形が挙手や発表だと思います。

結婚式・葬儀・介護それぞれの部門で、お客様第一の考えを持ち、物や利益ではなく、どうすればよりお客様に喜んでいただけるのか、最善で最高の空間・時間を提供できるのか、ということを常に頭に置いて仕事をされている先輩方の姿を見て、私も早く117の一員になれるように励みたいと思いました。