Development

人材育成

新入社員研修を受けて

27年度入社
システム開発
岡崎 将佳

私は現場研修を通して、お客様と接することの難しさを実感しました。営業研修では、自分の説明内容や態度によって契約に至るのか否かが変わったり、場合によってはクレームにつながったりします。施行部研修では、どうすればお客様が気持ちよく施行を受けられるのかを常に考え行動しなければならないことを学びました。
これらのことから、117グループは会社全体でお客様第一の行動をしているということを感じ、自分もその一員になったことを強く自覚しました。また、どの部署でも社員同士の会話がしっかりできていて、職場の雰囲気もよく、それによって施行時にスムーズな協力ができたり、営業時のやる気につながったりするのだと思いました。このような社員同士の会話の時とお客様と接する際の態度のめりはりもしっかりついていて、プロ意識の高さを感じました。

営業研修と施行部研修を受けることで、各部署が互いに強く影響しあっていることも実感しました。営業時にはお客様に説明する内容があいまいだったり、お客様に誤解されるような説明をしてしまったりすると、施行時にお客様に満足していただけなかったり不信感を与えてしまったりします。逆に施行がお客様の要望通りにできなければ、訪問時に営業員に強く当たられてしまったりしますし、施行が要望通り実現できれば、訪問時に抵抗なく御入会いただけます。
このように、グループ内で部署を越えて影響があることも意識しながら行動しなければならないことを学べたと思います。

これらの研修で得たことを忘れず、今後は先輩方のような立派な社員の一員として117グループに貢献できるよう、職務に励んでいきたいと思います。与えられたことを少しでも早く確実に終わらせ、なるべく多くの経験をつむことで、理想の姿に近づく努力をしたいと思います。どの部署に配属されても、そこで自分をどう生かせるかを考え、実行することで、少しでもグループに貢献したいです。

配属先が分からないので具体的に1年後の私を想像することはできませんが、どこかの部署で1年間経験をつみ、いくつかの仕事は安心して任せてもらえるような人材になっていたいです。また、後輩ができるかもしれない時期になるので、自分が出来る範囲で後輩の指導内容を考え、準備するような気持ちの余裕ができるよう、頑張っていきたいと思います。